過払い金 計算


過払い金の無料診断は無料であなたの過払い金額がわかります。

過払いが発生するのはどうしてか?

過払い金 計算

「過払い金」が発生してしまう原因には、

 

利息制限法と出資法という2つの法律が関係しております。

 

 

 

利息制限法では金利の上限を15%〜20%と定めています。

 

利息制限法の上限を超えた金利を定めても、

 

超えた部分の定めは法律上無効となるとされています。

 

 

 

一方、出資法は刑事罰の対象をなる金利の上限を定めています。

 

出資法では上限金利が29.2%とされており、29.2%を超えて

 

金利を設定している場合には「5年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金」という刑事罰が科せられています。

 

 

 

つまり、利息制限法を超えた金利を設定しても、

 

出資法の上限金利を超えなければ刑事罰はかせられないということになります。

 

 

 

このように、利息制限法と出資法の上限金利の間の金利は、

 

民事上は無効にも関わらず刑事罰は科せられない「灰色の金利(グレーゾーン)なのです。

 

 

 

通常貸金業者は、この「グレーゾーン金利」による金利を設定し、違法に金利を取っているのです。

 

「過払い金」の正体は、これまで支払ってきた「グレーゾーン金利」なのです。

 

 

 

過払い金の無料診断は無料であなたの過払い金額がわかります。

 

レイク、オリコ、セゾン、OMC、アプラス

 

アコム、プロミス、ニコス、カードローン、消費者金融を利用したことがある人、必ず解決できます。


完済している場合、過払い請求はできますか?

過払い金 計算

既に完済しているとしても、過払い金が発生している場合は当然返還を請求することが可能です。
完済している場合、引き直し計算をする前の状態で既に借金の残額が0円の状態ですので、約定金利が法定金利以上である場合には、ほぼ確実に過払い金が発生していることになります。

 

過払い金 計算過払い金が返還請求権は、法律上10年間の消滅時効にかかりますので、完済してから10年間を経過している場合は、返還の請求が困難となるケースもあるので注意が必要です。

 

カードローン・消費者金融を利用したことがある人は必見!
レイク、オリコ、セゾン、OMC、アプラス
アコム、プロミス、ニコス、カードローン、消費者金融を利用したことがある人、必ず解決します。


解決までどの程度の期間がかかるのか?

過払い金 計算

一般的には弁護士にお願いします。

 

着手金として1人21000円。 
事務処理費1社21000円。

 

返還金の20%(税別)が引かれ残金が依頼者様本人の銀行口座に弁護士より振り込み致します。

 

過払い金 計算解決までの期間ですが、スムーズに行けば一般的には開示請求後1ヶ月〜2ケ月程度です。

 

過払い金の無料診断は無料であなたの過払い金額がわかります。

 

レイク、オリコ、セゾン、OMC、アプラス
アコム、プロミス、ニコス、カードローン、消費者金融を利用したことがある人、必ず解決できます。



過払い金の無料診断は無料であなたの過払い金額がわかります。